入院費はどのくらい掛かるの?

入院費用編

私は、入院して少し落ち着いた頃、真っ先に気になったのが、入院費用のことでした。

入院費って、どのくらい掛かるんだろう?払えるかな?保険って適用されるのかな?と心配になっていませんか?
やはり、お金の心配があると安心して入院もしていられませんよね。

ここでは、私が支払った入院費について説明します。

結論から言うと、我が家で実際に病院に支払った入院費用は、1ヶ月約9万円ほどでした。

これは、高額医療費制度の限度額適用認定証を利用したため、このような金額となりました。

高額医療費制度とは?

医療費が高額になった場合、一定の金額以上の額を払い戻してくれる仕組みです。医療費を全額支払った後に、自己負担限度額を超えたお金が払い戻されます。

全国健康保険協会のHPでわかりやすく説明してくれています。
こちら→https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat310/sb3030/r150

 

限度額適用認定証とは?

あらかじめ「限度額適用認定証」の交付を受け、医療機関の窓口に提示することで、医療機関ごとにひと月の支払額が自己負担限度額までとなります。

これについても全国健康保険協会のHPで説明されています。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat550/1137-91156

私が入院当時加入していた健康保険組合は、全国健康保険協会でしたが、基本的な仕組みはどの保険組合も同様のはずです。詳細は、ご自身が加入している健康保険組合に、問い合わせてみてください。

入院された方は、入院した際、病院の方から説明を受けているかと思います。
ご自身が加入している(専業主婦の方は旦那様の健康保険組合になります)健康保険組合に確認し、早急に申請を行いましょう。

やや手続きが面倒ですが、旦那さまや他の家族の力を借りて早めに手続きを行いましょう。

というのも、この高額医療制度の限度額適用認定証を利用しないと、大変なことになります。

我が家の場合、1ヶ月目の医療費の総額は、、、、

え!?なんか0の数間違えてない?1000000???

100万超えてる!!!!!?

でした。。。

ここから、自己負担3割としても約30万。

我が家では、そんなに払えません。。。

貯蓄がたっぷりあって、余裕のあるかたは、一度自己負担額(我が家の場合30万)を支払って、その後高額医療費制度で還付を受けることも可能です。

が、1ヶ月30万、、、なかなか大変な金額です。

入院したら、必ず健康保険組合の「限度額適用認定証」の交付を受けましょう。

そうすることで、初月から自己負担額の範囲での支払いとなります。

高額医療費の自己負担額は、所得によって多少上限します。

詳しくは、健康保険組合に問い合わせて確認してください。

我が家の場合、入院1ヶ月目の費用が一番高く、その後は少し減少しました。(入院時に色々検査を受けたので、それが高かったようです。)

3月~6月までの入院だったため、約4ヶ月分です。

最終月は、月の途中で退院となったため、やや入院費が抑えられました。

なお、高額医療制度の適用範囲は、医療に関わるものだけです。

そのため、追加の食費・差額ベッド代、個室費用等は自己負担となりますので、お気をつけください。

※個室費用は、自分で申請した場合だけかかります。集中治療扱いのときの個室料金(MFICUの個室に入院している場合等)は、高額医療制度の範囲に入りますので、安心してください。私は最初の支払いのときまで、個室料がかかるのかドキドキしてましたが、不要でした。安心しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました