必要なものは寝ながら手の届く場所へ

入院生活編

切迫早産で入院すると、まず寝たきりです。

胎胞形成(胎胞脱出)という重症だったからというのもありますが、動くときは静かに!!どうしても必要な時以外立つのは禁止!!ということで、必要なものを手の届くところへ。

 

そこで役だったのが、フック付きのカゴです。100均によくあるあれです。

100円なのにとってもお役立ち!すぐ取りたいものはこのカゴに入れて、ベットの柵に掛けていました。

<参考までにカゴの中身。>
・音楽プレーヤー
編み物しながら、好きな音楽聞いたりしていました。
・入院時もらった妊娠の経過を説明している資料
日々子どもの成長を確認。どのくらいのサイズになったかな~。臓器できたかな~とか。
・編み物道具一式
・間食用のお菓子。
基本はダメです!が、たまに食べたい時もありますよね~。ちょっとなら怒られないです。病院にもよるかも?
・スマホ
診察を受けるときにサッと格納
・基礎化粧品一式
コールドクリームとか化粧水とか。これが一番かさばっていました。

 

かごには入れていなかったですが、ティッシュは必需品でした。

そんなに多くないですが、必要なものは手の届く範囲に。なるべく起き上がらないようにして生活していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました