切迫早産入院記録1 妊娠24週

入院当初感じたことを書いた記録です。 入院することになった経緯は、カテゴリの入院編「私が切迫早産と診断された経緯」にて紹介しています。 よければ、そちらもご覧ください。  

 

■入院生活1日目(24週0日)

筋肉注射やウテメリンの点滴の影響か、2時間くらいしか寝られず。。。

頭痛がしたり、腰や足が痛かったりで、なかなか寝付けず。 ヨガの呼吸法(片鼻呼吸法)でなんとか落ち着きながら、朝を迎えました。  

 

片鼻呼吸法で自立神経を整える
切迫早産で入院中に実施していた片鼻呼吸法について、紹介しています。

 

■入院生活2日目(24週1日)

ほぼ寝て過ごしました。今まで、仕事等で疲れが溜まっていたのか、日中ずっと寝ていたような感じです。 精神的には、1日目で既に色々なこと(仕事だったり、家のことだったり)をあきらめたので、安定していました。 取りあえず、赤ちゃんのことだけ考えようと。。。

先生の内診・NSTモニター・洗面・食事等すべてベッドの上。極力起き上がることは禁止で、腹筋は使うなとのこと。NSTモニターの結果では、お腹は全く張ってなかったです。 内診がカーテンなしのベッドの上なのは、若干抵抗がありました。。。 これも仕方なしというか、言われるがままですね。。。  

入院中に行った検査について
切迫早産で入院した際に行った検査について記載しています

 

■入院生活3日目(24週2日) 

病院のご飯が多く感じられましたが、取りあえず全部完食。 最近の病院食はいろいろ出てすごいな~とどうでもいいことを考えていました。  

 

■入院生活4日目(24週3日)

取りあえず、旦那に私が入っている医療保険の確認(書類)をしてもらい、保険会社に連絡。社会人になった時に、念のためにと入っておいた医療保険がとっても役に立ちました。 高額医療の申請をしましたが、やはり月10万程度かかりました。 私が心穏やかに入院生活を送ることができたのは、お金の心配が不要だったことが大きかったです。  

入院費はどのくらい掛かるの?
切迫早産で入院した際の保険や、入院費用について紹介しています

■入院生活5日目(24週4日)

入院生活にも慣れてきて、暇に。。 赤ちゃんの名前を考えたり。寝たり。本読んだり。  

 

■入院生活6日目(24週5日)

数日前から、痛かったのですが、点滴の箇所がすごく腫れていて、限界だったため、刺し替えてもらいました。腫れた箇所は、その後1週間近く痛かったです。 最悪、すぐに帝王切開になるかも(逆子だったため、臍の緒とかが出てしまった場合)とのことで、手術に備え太い針が刺されていたのも、すごく腫れた原因だったのかもしれません。

その後も点滴には、悩まされました。。。  

 

■入院生活7日目(24週6日)

入院生活始まって以来のシャンプー。これもベッドの上でした。 看護師さんが、持ち運べるシャンプー台?を病室に運び入れてくれて、ベッドを少し移動して寝たまま。すごいですね。いろいろ新鮮。というかそれだけ、安静度が高かったというか。。。 あ、通常のシャワー(お風呂)はもっての外らしく、入院生活約3ヶ月の間34週に入るまでの約2か月間は、ず~っと、体を拭くだけでした。人間慣れれば、耐えられるものだなとつくづく思いました。

取りあえず、1週間経過。 この時、赤ちゃんはまだ逆子。胎胞もピンポン玉サイズ? 子宮口が3~4センチ開いている状態。 でもお腹の張りは全くなし。 細菌感染もなし。

取りあえず、状態は安定してました。  

コメント

タイトルとURLをコピーしました