ネスカフェのカフェマシンはお得か?徹底調査!!(ネスカフェ ドルチェグスト)

調べもの系記事

前回書いたネスカフェのカフェマシンはお得か?徹底調査!!(ネスカフェ ゴールドブレンドバリスタ)の記事の続きです。今回はネスカフェ ドルチェグストというマシンについて、どのようなマシンなのか見ていきたいと思います。

私のネスカフェ ドルチェグストというマシンの第一印象は、ちょっとお高いけどネスカフェゴールドブレンドバリスタより、カフェで出てくるようなおしゃれなコーヒーやラテが飲める!!です。

では、さっそくみていきたいと思います。

ネスカフェ  ドルチェグスト

マシンの特徴は?

ネスカフェドルチェグスト用のコーヒーは1杯ずつカプセルになっていて、1つのカプセルは5層構造になっているそうです。その中に引き立てのコーヒー豆が密封されているとのこと。ということは、ドルチェグストはインスタントコーヒーではなく、引き立たのコーヒー豆で入れたコーヒーが楽しめるということですね!!

また、ネスカフェのドルチェグストではコーヒー専門店並みの高圧でコーヒーを抽出しているそうです。手軽さだけでなく、コーヒー本来のコクや香りにもこだわった本格的なカフェマシンということのようです。コーヒー豆で引いた美味しいコーヒーを自宅で手軽に楽しみたい!!という人には、このドルチェグストはとても良さそうです。

 

どんなコーヒーが飲めるのか?

では、どんなカフェメニューが楽しめるのでしょうか。ネスカフェ ドルチェ グスト【ネスレ日本公式】には、20杯以上のカフェメニューが楽しめるとあります。

どんなメニュー(カプセル)が楽しめるのか、見ていきます。ざっとみるとブラックコーヒーだけでも色々な種類があるようなので、ちょっと気になったものだけ、一覧にしてみました。

分類 種類
マグサイズ アメリカーノ リッチアロマ
カフェオレ リッチアロマ
ミルクティー
フラットホワイト(*1)
モカブレンド
カフェオレ カフェインレス
こだわりブラック コロンビア -シエラネバダ-
アイスコーヒー ブレンド
レギュラーブレンド カフェインレス
カフェバラエティ 濃い抹茶
ラテ マキアート
チョコチーノ
ティーラテ
宇治抹茶ラテ

*1 フラットホワイトってなんぞや?
と思ったので、ちょっと確認してみました。
フラットホワイトとは、エスプレッソに泡立てたミルクを加えたものということです。カフェオレやカプチートのとの違いは?というとエスプレッソの量がカフェオレ等に比べ多いようです。より、エスプレッソの味を感じられるコーヒーとのことです。

Tully’s Cofee さんとかにもあるので、今度飲んでみようと思います。
Tully’s Cofeeでは、「ミルキーフラットホワイト」というフラットホワイトにコンデンスミルクを加え飲みやすく、ミルキーな味わいにしたものもあるようです!!こちらもちょっと気になります。

少し脱線しましたが、上にあげたもの以外にも色々なカプセルがあります。色々な味があるので、飽きずに楽しめそうですね。

また、ここで私が注目したいのが、ミルクティーやティーラテが飲める!!ということです。コーヒーのカフェマシンなので、紅茶系は飲めないのかなと思っていました。ミルクティーやティーラテが飲めるのは、ちょっとうれしいですね。

 

1ヶ月の費用は?

肝心の1ヶ月の費用について、確認します。条件はネスカフェ ゴールドブレンド バリスタで確認したときと同様、1日3杯飲んだ場合で確認します。

とはいえ、ネスカフェ ドルチェグストでは、飲むコーヒーにより結構値段が異なるようです。

まず、大前提として公式サイトからお得にドルチェグスト用の専用カプセルを購入するには、定期お届け便が必須のようす。

定期お届け便では、以下の2つのプランがあるようです。

  • 1回のお届けあたり4箱以上注文で5%引きになるプラン。
  • 1回のお届けあたり6箱以上注文で10%引きになるプラン

この定期お届け便のプランは、1ヶ月または2ヶ月に1回お届けが選択できるようです。

単純に一番料金を安くすませるには、2ヶ月ごとに1回のお届けあたり4箱以上注文する定期お届け便を選択し、なおかつ一番安い価格帯のコーヒーカプセルを選択することでしょうか。

そうした場合、何杯飲めるのか?と考えると、、、

4箱以上注文の場合の一番安い価格帯のカプセルは、930円でした。ブラックコーヒー系のカプセルであれば、1箱16杯。カフェバラエティ系のカプセルだと8杯がほとんどのようです。

ブラック系とバラエティ系の割合を半々として、ここでは2箱ずつ購入することを考えます。すると、、、

ブラック系16杯✕2箱=36杯 + カフェバラエティ系8杯✕2箱=16杯=52杯

価格にすると、

1ヶ月の費用=930✕4÷2=1,860円

となりました。1ヶ月の値段としては、まずまずでしょうか。

しかし、この計算では1ヶ月52杯÷2=26杯となり、1ヶ月に飲めるコーヒーはたった26杯ということになってしまいます。

1日3杯✕30日=90杯 ですので、3分の1にもなりません。。。

 

ということで、次は1日3杯のコーヒーを飲むことを前提に、再計算してみます。

数量が多くなりますので、次は6箱以上注文で10%引きになるプランのほうがお得そうです。10%引きのプランでは、1箱882円というのが一番安い価格帯のようです。
が、よくよくみると1箱60杯分で2,945円というのがありますね。アメリカーノリッチアロマ、カフェオレリッチアロマの2つです。1杯あたりに換算したところ、1杯約49円となり、こちらが現在の最安のようです。

というわけで、2ヶ月に1回お届けとして、1日3杯✕60日=180杯分のコーヒーカプセルを注文するとした場合、2箱はこの1箱60杯のもの。残り4箱は、1箱16杯飲める882円のものを選択すると約180杯になりそうです。そうした場合、、、

1ヶ月の費用=2,945円✕2箱+882円✕4箱=9,418円

となりました。やはり、このくらいの金額はかかりますよね。

 

まとめ

結論からいうと、上で調査したカフェメニューを見る限り、ネスカフェドルチェグストで入れるコーヒーは1日1杯飲めれば満足かなというのが私の所感です。

インスタントコーヒーだから、気軽に何杯も飲めるのであって、ちょっと高級なコーヒーはたまにゆっくりしたいときだけ、飲めれば十分かなっと思いました。

ネスカフェドルチェグストは、ちょっとくらい費用がかかってもいいから、手軽に本格的なコーヒーを飲みたい!!という人にはおすすめのカフェマシンということでしょうね。

もしくは、2台持ちで。手軽に飲むときは、バリスタで。ゴールドブレンドよりもちょっと高級なコーヒーが飲みたいときや抹茶ラテのようなラテ系のカフェメニューが飲みたいときは、ドルチェグストでコーヒーを入れるといいかもしませんね。

 

お手入れについて

ちょっと気になったので、最後にお手入れ方法についてです。

ドルチェグストは、カプセル方式を採用しているので、カプセルをポイッとすてて、水で洗うだけでよいとのこと。簡単ですね。

ただ、カプセルにはお湯が残るので捨てる前にそのお湯を流したほうがよいそうです。専用のゴミ箱?がついてきて、そこで湯切りもできるようですが、ゴミ箱を洗う手間が増えるので、それはマイナスポイントでしょうか。

また、入れた後にお湯がポタポタとなるのが、気になる方もいるようです。原因は、カプセルに残ったお湯のようなので、解決策は先にカプセルを捨てるとよいとのことでした。。

全部が全部完璧なマシンはそうそうないですから、自分の好みに合わせて、上手に使い分けられるといいのかなと思います。

 

以上、ネスカフェドルチェグストの調査でした。お読みくださり、ありがとうございました。
次は、ネスレ スペシャル.T です。密かにこれが一番気になっています。記事が完成次第UPします。よろしくおねがいします。

 

 

コメント